2019年03月11日

3.11に思うこと

今日は3.11あれから8年の歳月が経ったものかと複雑な思いがします。
私の住んでいる内陸部では沿岸地域の方々には比べようも無いくらい少ない被害でしたが、その盛岡広域圏でさえ電気が止まり信号が止まりガソリンスタンドには長蛇の列が出来て、それまで当たり前にあると思い込んでいたエネルギーシステムが思ったより脆いものである事に否応無く気付かされました。
電気が無ければFF式暖房機も蓄熱暖房機もエアコンも、あの石油ファンヒーターでさえ、ガス給湯器も石油給湯器も電気温水器も残湯を除いて新たなお湯を作り出す事は出来ませんでした。
3月という春に向かっている時期が、まだ幸いで一ヶ月以上早い時期であったらとゾッとしました。それまで当たり前に電気をCo2排出無しで無限に生み出し続けるとさえ勘違いした原子力発電所が制御不能になり、安くて無限のエネルギーなんて無い事を思い知った。
やるべきことの優先順位は快適なまま、使うエネルギーを少なくする事であって、機械で作り出すエネルギーの量を増やすことでは無く、機械にはやはり限界がある事を理解するべきだった。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)は次の世代に繋がる素敵な考えですが、この素敵な考え方を実践する為にエネルギーを減らす作業をほどほどに創り出すエネルギーを大きくして収支をゼロにする考えは馴染めない。もっと自然にあるエネルギー活用するパッシブ性能を高める方法をとるべきだと考えたい。住宅性能を高めるにはコストの問題も表裏一体で存在する事も事実。しかしながら、当時よりも少しでも外皮(建物の外側ぐるっと)の性能を上げてゆく事によって逃げる熱を減らす努力なら出来そうだと思い取り組んできました。
過去の地震により建築基準法の構造に関係する項目に大きな変更が加えられたように、エネルギー問題で揺れた3.11もエネルギーに直結する課題に関して何らかの取り組みと成果を消費者にお届けできる世の中であるべきだと感じました。
posted by K.T. at 21:59| Comment(0) | 日記

2017年08月28日

F様邸工事その後 建て方編(その2)

蒸し暑い日々から一転して、空気も秋の様相が強くなってまいりました!

前回に引き続きF様邸上棟までの様子です。

IMG_3485.JPG

『ホウ酸』による防蟻処理が終わるといよいよ大工さんの出番で
床の合板を張っていきます。
裏面は全面ホウ酸処理をしているので、ひっくり返して
張り込んでいきます。

IMG_3489.JPG

作業性のため先行して1階床張りをしました。
1階床を張ったら柱を立て込んでいきますが
大切なのは先張りの気密シートです。

IMG_3502.JPG

以前までは、構造金物付近で気密シートを
大きく切断しておりましたが、
今回は一度構造金物を外してボルトの貫通孔
だけにして施工しました。
金物の外し付けの手間は掛かりますが、
テープに頼らない気密処理は長く住まう家には
確実に性能も長持ちさせます!

IMG_3496.JPG

IMG_3521.JPG

IMG_3536.JPG

赤ちゃんにやさしい家は
みんなにやさしい

Sakura Factory
http.//www.sakurafact.com



posted by K.T. at 23:03| Comment(0) | 日記

2017年08月25日

F様邸工事その後 建て方編(その1)

昨夜の大雨から一転しての晴れ!しかも蒸し暑い!
現場の職人さんには辛そうな日ですが…
こまめな水分補給で頑張って頂きたい!
そして夜には美味しいビールが待っています!

ところで、F様邸の工事はおかげさまで終了したのですが、
ブログの方は基礎のコンクリート打設の日で休工したまんま…
アーカイブになりますが、工事再開します!!

基礎工事が無事に終わると大工さんがいよいよ登場しまして
構造体(躯体)の建て方の工事へと進んで参りますが、
その前に一つ大切な作業があるのです!

『防蟻処理』
処理作業時間も他の職種に比べると短いし、見積もり書でも
ほんの1行の項目 なので、中々目立ちませんが、
家が完成した後は、凄く大切な効果を発揮します。
3ヶ月から4ヶ月場合によっては半年近くをかけて建設した
お客様のお家を脅かす唯一の生物『白アリ』
ネズミが入ろうがゴキブリが出ようが、ゲジゲジが入って来ようが
蜂が巣を作ろうが、決して家は壊しません(イタズラは有りますが…)
が、奴らは違うのです!大切な柱を食べてしまうのです!
設計屋が一生懸命柱の位置・量、耐力壁の配置・量を考えて
地震に強い家を作ろうとしても
大工さんが夜まで頑張って作っても
御構い無しに食べてしまうのです…白アリ達に言葉による退去命令は
残念ながら効きません
だから、とっても大切な作業なのです。

IMG_3482.JPG

F様邸 今回からは『ホウ酸処理』にて防蟻処理をしています。
幸い天気も良いので(風はちょっと強めでしたが)派手な養生も必要無く
順調に床組の処理をしています。

IMG_3473.JPG

床合板の裏にも、事前 に処理をしています。
今回のF様邸は基礎断熱なので、床下空間も言ってみればお家の中の空間と一緒です。

普段生活するお部屋に5年もの間揮発し続ける『農薬系殺虫剤』を散布したいと
思いますか?

なので、『ホウ酸処理 』にしました!
医薬品の成分にも使われているし、小学校の理科の実験にも使える安全性
揮発もしないので、濡れて溶脱しない限り効果は持続する…
長く住まうお家だからこそ最適だと思っています。

赤ちゃんにやさしい家はみんなにやさしい

デメリットももちろんあり、
@濡らしてはいけない
A施工時の成分濃度管理、確かな塗布範囲という施工クォリティの維持
は必須です。
これさえ守れれば、安全で一生の効果を発揮します。

IMG_4584.JPG

写真は白アリの侵入経路になりやすい玄関!
決して靴を脱いで入ってくる訳では有りませんが、
土間の叩きの処理によっては、地面から直接侵入経路に
なりやすいようです。
と、いう訳で天井部分までの構造材処理です。
頭から霧状の薬液を被ってしまいますが、作業者にとっても安全です。

みんなにやさしい家は素敵な家だと思いませんか?

よくできましたの家作り
Sakura Factory
http://www.sakurafact.com
posted by K.T. at 10:04| Comment(0) | 日記